テニスは世界に10億人以上の追従者がいる一番人気の個人競技のスポーツ。日本でもかなり人気です。ウィンブルドンは、世界で一番名声あるスポーツイベントです。2017、2018年ウィンブルドン開催中には、10億人以上の人々が視聴している時もありました。2017年に米国でテニスをする人はほぼ1,900万人で、過去4年間よりも若干多くなりました。

テニスベッティング量

2015年にGlobal Betting & Gaming ConsultantsのCEO、Warwick Bartlett氏が述べましたが、テニスはスポーツ全体の賭けでは10%以下しか占めていませんが、オンラインスポーツゲーミング全体では18%の収益を生み出しています。2009年まで、テニスベッティングのブック収益はたったの2%しかありませんでした。

ノンストップアクション

国際テニス連盟はとにかく規模が大きいので(昨年は1,500トーナメントで93,000試合)、ベッターには、ほぼいつでも賭けるゲーム、セット、試合があるということになります。

大きなオッズの幅

ほとんどのトレーダーは、オッズの変化の幅や頻度が大きいほど、利益を獲得するチャンスが多いと誤って考えています。

オッズ変更の高頻度

これがまさに、取引の見解からテニスが独自のスポーツであるという理由です。連続ポイントは一定の間隔以内に入ります。普通、ラリーは大体10秒ほど続き、30秒もかかりません。これは、早い転機にすばらしいチャンスを与えてくれます。

インプレイ・テニスベッティングは、まるでベガスのスロットプレイ

英国ベースのスポーツブックは、「次のゲームの勝者」とか「次のポイントの勝者」によるベットへの量が異常に増加していることを最近発表しました。このようなマーケットは、わずか数秒で決定されます。ベガスのスロットプレイのようなもので、アクションが一切止まりません。ベッティングファンは、毎日250秒以上、賭ける機会があります。これほど毎日大会があるスポーツは他にはありません。

すばらしいテニスライブストリームの放映

「ライブストリーミング」時代が到来して、リアルタイムのベッティングは、さらに人気、バーチャルになりました。テニスライブストリーム放映はすべてのスポーツの中でも最高のもののひとつ。ベッターはスマホやタブレットで移動中に試合を視聴することができます。

アクセス性

テニスは最も近づきやすいスポーツであると評価されています。男女両方のゲームが同じように幅広く提供されています。性別という観点では、男性がスポーツの優位を占める他のトップスポーツと比較しても、ファンの比率はほぼ50/50です。約45か国に男女両方のトップ100にランキングするテニス選手がいます。さまざまな30か国出身のテニスプレーヤーが(男女共に)、最低グランドスラムをひとつ制していて、スポーツでは独特な記録となっています。

— September 16, 2020

What Do You Think?