• 2020/2021年にテニスベッティング量の伸び続きが見込まれる10の理由は?

    テニスは世界に10億人以上の追従者がいる一番人気の個人競技のスポーツ。日本でもかなり人気です。ウィンブルドンは、世界で一番名声あるスポーツイベントです。2017、2018年ウィンブルドン開催中には、10億人以上の人々が視聴している時もありました。2017年に米国でテニスをする人はほぼ1,900万人で、過去4年間よりも若干多くなりました。 テニスベッティング量 2015年にGlobal Betting & Gaming ConsultantsのCEO、Warwick Bartlett氏が述べましたが、テニスはスポーツ全体の賭けでは10%以下しか占めていませんが、オンラインスポーツゲーミング全体では18%の収益を生み出しています。2009年まで、テニスベッティングのブック収益はたったの2%しかありませんでした。 ノンストップアクション 国際テニス連盟はとにかく規模が大きいので(昨年は1,500トーナメントで93,000試合)、ベッターには、ほぼいつでも賭けるゲーム、セット、試合があるということになります。…

    September 16, 2020